--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
2009年03月08日 (日) | Edit |
長門有希
キャラメルボックスのハーフタイムシアター。
1時間という短いお芝居を2本上演してまして、それを通しで観ました。

「すべての風景の中にあなたがいます」は、
非常に梶尾真治さんの原作らしい、
ありふれた時空超越ラブストーリーで、
キャラメルボックスのカラーによく合ってたと思います。
安心して観ることが出来ました。
お話もわかりやすく、いい芝居だったなぁという感じです。

「光の帝国」は打って変わって複雑?な超能力モノ。
原作者・恩田陸さんの作品は1冊しか読んだことがないのですが、
独特の雰囲気を持っているなぁというのが感想です。
なんというか、根幹のキーワードが説明されないんですよね。
あまりわたし向きの物語ではありませんでした。
キャラメルボックスでやらなくても…というのが正直なところ。
もっとわかりやすい方がキャラメルの良さが出ると思います。
「すべての~」の方では岡田達也さんさすが!!!
細見さんの弾けた役もいいねいいね、
岡田さつきさん優しいお母さんキタコレ!
左東さん役の幅が広いなぁ、などなど、
何の違和感もなく観られたのですが、
「光の帝国」では、現在の大内さんは恐らく50歳前後かと思われるのに
30代にしか見えなかったり、岡内さんの中学生役の芝居は
現代の20代後半とほとんど変わってるようには見えなかったり、
実年齢とのギャップを感じてしまいました。

まー大内さんむちゃくちゃかっこよかったから良いんだけどね。
web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。