FC2ブログ
2007年07月02日 (月) | Edit |
読書感想文はエライ久しぶりです。

深追い―横山秀夫ミステリー劇場 深追い―横山秀夫ミステリー劇場
横山 秀夫 (2005/11)
実業之日本社

この商品の詳細を見る

横山秀夫の短編小説。普通に面白かったです。

陰の季節 陰の季節
横山 秀夫 (1998/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

横山秀夫の短編小説。普通に面白かったです。
「深追い」よりこっちの方が重厚な感じがした、かな。

幽霊人命救助隊 幽霊人命救助隊
高野 和明 (2007/04)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

高野和明の長編小説。久々に寝る時間を削って読みふけりました。
自殺した4名が天国に行くために現世の自殺希望者を思い止めさせる話、
で、それほど外れた説明じゃないはず。
傍から見たら本当にくだらないけど、本人にとっては死ぬほどの孤独とか
悩みとか絶望とか、読んでいて不思議と泣けました。
全体がコメディタッチでさらっと読めちゃいますね。
高野氏の小説に描かれる人間は、ほとんど善人で癒されます。
あ、この小説ものすごく連ドラに向いてると思います!
個性的な登場人物、ファンタジーな設定、ほろりと泣ける話、
1話完結形式でひとりずつ自殺者を救いながら成長していく4人。
日テレ土曜9時で主人公ジャニーズでドラマ化いかがですか!!!

死亡推定時刻 死亡推定時刻
朔 立木 (2004/07/21)
光文社

この商品の詳細を見る

本屋で見かけたのでなんとなく手にとってみました。
淡々とした情景描写で気がつくと読み進んでいる感じ。
文章力はもう一声!かなぁ。でも充分読める文でした。
個人の心を深く掘り下げて描いていないので、あまり感情移入はしないかも。
しかしそうやって淡々と冤罪が作り上げられていくのは、
読んでいてちょっと恐かった。終わり方も現実的だしね。

夜明けの街で 夜明けの街で
東野 圭吾 (2007/07)
角川書店

この商品の詳細を見る

待望の東野圭吾の新刊!だけど主人公の浮気の様子が克明に描かれてて、
不倫苦手なわたしはちょっと辛かったです。
主人公死ねばいいのに。
設定は特殊ですが、内容は平凡、といったところでしょうか。
多分もう二度と読み返すことはないかな、と思います。
web拍手 by FC2 テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック