FC2ブログ
2007年04月16日 (月) | Edit |
キャラメルボックス2007スプリングツアーに行ってきました。

以下個人的感想。

ここのところオリジナル新作が揮わなかったキャラメルですが、
今回の話は納得いくまとまり方をしており、
時代劇の苦手なわたしでも及第点な舞台でした。
何よりも良かったのはキャスティング。
ただ、個人的には畑中さんと三浦さんは逆で良かったかも。
三浦さんの「エリート不器用ヘタレ気味」は満腹気味、
畑中さんの強い役(悪役含む)は台詞回し一本調子感が否めないので、
もっと幅が広がってから挑戦して欲しいです。
過去大内さんが客演で成長して帰ってきたように。
しかし時代劇で親友の身分を恨んだ対立で
「お前を友だと思ったことは一度もない!」で
どことなく「TRUTH」とかぶってるような気がするんですが、
時代劇でほのぼの(?)ってやっぱ無理っていうか、
身分とか信念とか斬った斬られたをやりたいから
時代劇になるんだよね、きっと。
わたしはあまり「漢の物語」にのめり込めないので、
どうしてもすんごく面白かった!までいけないのでした。
役者さんの感想。
・温井さん:もうヒロインを充分こなせると思う。
 けど、声がうわずるのがちょっと耳障り。
 返事をするときの「はい!」は超かわいかった。
・岡田さん:役柄的にいつもより抑えた低い声でした。
 いつも通り素晴らしい。
・大内さん:岡田さんと大内さんが対立すると、
 どちらサイドでも応援して観てしまうので複雑。
 相変わらずこの人の緩急、シリアスと笑いの取り方は好み。
 ああもう何でこんなかっこいいの。大好き。
・三浦さん:上記の通り。
 やっぱり声がこもるので、今回はやや聞き取りづらかった。
 純情一直線キャラ似合うんだけど「太陽まであと一歩」だったかな?
 ああいう寡黙系もまた観たいなー。
・栗根さん:劇団☆新感線からの客演。
 さすがでございますな。コメディを心得てる感じ。
 違和感なくキャラメルの中に溶け込んでました。
・坂口さん:この方のお芝居にはいつもいつも感動します。
 なんかこう、言葉には出来ないものが伝わってくる感じ。
 どんな役でもほんとにうまくこなすなぁと思う。
 脚本さえ良ければ。(あした、あなた、あいたいは役が微妙)
・岡内さん:今回の役スゲー良かった、ハマってた!見直した!
 彼女にはこういうマドンナじゃない役の方があってる気がする。
・左東さん:テンション高い役をやらせたら右に出るもの居ないね。
 頼りない役をうまくこなしてたと思います。
・畑中さん:大変申し訳ないんですが、畑中さんが師範…
 いや、なんていうか、見た目がどうしても少年っぽいので、
 そういうの期待しすぎるのはダメなのかな。
 彼がアホで元気な役をやると観ててすごく嬉しくなるんですが、
 それじゃあ成長にならないんでしょうね、きっと。
・筒井さん:新境地開拓?すんごい良かったです。
 はまり度で言うと今回一番かも。
 ここ最近随分幅が広がってるよね。
・小多田さん:小物っぷりはよく表れていたかと、って失礼か。
・久保田さん:ええと、新人さんでしたっけ?
 特に印象には残ってないです。可もなく不可もなく。

千鶴役が岡内さんで春衣役が前田さんで、
みたいなキャスティングなら、正直がっかりだったと思うのですが、
ほんとに皆さん役にハマってました。
この調子で次作「カレッジ・オブ・ザ・ウィンド」も楽しみです。
…しかしこの作品、前回の上演で「やっとほしみ役をこなせる
女優が入団した!」って小川江利子氏を大絶賛したと
記憶してるのですが、またそういう女優が出てきたんでしょうかね。
客演をヒロインに迎えるにあたり、当てはまりそうな演目を
選んだとか、そんなことあるわけないと思いつつ、
どことなく疑っている自分を否定できないのでした。
web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック