FC2ブログ
2004年12月26日 (日) | Edit |
製作中の衣装はミナミとの合せなのですが、意図的に色を変えたにも関らず
アニメを観てたら同色であることが判明・・・・・・・・・作り直し決定_| ̄|○
冬に直しは絶対間に合わないので、作りかけを着るかどうか悩むことにします。
あああああ、結構頑張ったんだけどなー、チクショー。

M-1は正直また訳のわからない優勝者が排出されるだろうと思ってましたが、
自分の最も望んでいた形で終わってくれて素直に嬉しかったです。
以下ネタばれ含む超個人的感想文。

*千鳥
元々好きな系統の漫才ではないのですが、今回のネタは特にダメ。
同じネタで最後まで突っ切ったので、ハマらない人には全く面白くない。
嫌いじゃないんだけどね、笑えないんです。

*タカアンドトシ
元々苦手なコンビ・・・ですが、ネタの作りこみとか間とかはさすがにベテラン。
事前予想では優勝戦線に食い込むかなと思ってました。
会場受けも良かったし、2番手で4位は大健闘だと思う。
順番に泣かされた部分があるかと。
キャラの濃い人たちばかりの中で、インパクト不足がかわいそうだった。

*東京ダイナマイト
普段はもっと面白いのに、良さがほとんど出てなかった。残念。
個人的に彼らはコントのほうが向いてると思う。

*トータルテンボス
前半テンポも客受けも良かったので、これは行くか?!と思ったけど、
後半の失速っぷりが素晴らしかったですね・・・
これからに期待。

*南海キャンディーズ
恥ずかしながら今回初めて知ったコンビ。
これは一般受けするし、審査員からの評価は高いのも頷ける。
が、わたしはあんまり好きじゃない。決勝の時点でちょっと飽きちゃった。
火を恐がるサイも全く笑えず・・・温度差を感じました。まぁ笑いのツボは人それぞれなんで。
しかしこういうタイプが居てもいいと思う。これから好きになれるかも。
ツッコミは秀逸でした、すごくいいもの持ってると思う。あとはボケ次第。

*POIZON GIRL BAND
わたしはこういう系統の芸風が大好きなので、評価が高かったのが嬉しかった!
M-1では会場をどっかんどっかん言わす方が有利なので、
彼らが優勝戦線に食い込むのは非常に難しいと思うけど、頑張って欲しいです。
中日オレに食いつきがいいのが意外でした。この手が受け入れられるなんて幸せ。

*笑い飯
本日4組目の苦手コンビ。
いや、決して嫌いではないんだけど、時々面白さがわからない。
これでタカトシと同点は、ちょっと甘いんじゃないかというくらいだった。

*アンタッチャブル
一番好きで一番優勝を望んでいたコンビ。かなり贔屓入ってます。
TVへの露出度が飛躍的に上がった今年、小手先で客を笑わせる
どうでもいい技術を身に付けてしまったんじゃないかと危惧し、優勝は諦めてました。
しかし会場をぐいぐいと引っ張るこの力はどんなもんよ!
勢いだけで押してたと言われても反論できませんが、
「このメンバーの中でトップを取って当たり前」
というプレッシャーを跳ね除け、素晴らしい出来だったと思います。
普段隠れてしまう柴田の才能が余すことなく開花され、ツッコミ好きとしては感無量です。
ネタが今までテレビで散々見せていたものだったのが残念。
自分的には「同窓会」「プロポーズ」辺りが最高傑作なんだけどなー。
審査員に伸介、松本が居なかったのが今回の優勝に繋がったのだと思います。運がいい!
とにもかくにもバンザーイ!遂に人力舎が天下取ったよーーー!!!

*麒麟
敗者復活のコンビ名が発表された時は快哉を叫びました。
決勝では、アンタッチャブルに客席が暖められてた事に助けられた感はあったと思います。
テンションが上がってたのかいつもより確かにテンポ良かったかな。
彼らも面白いながら爆発力に欠けるので、今回の3位は大健闘だったかと。
そろそろオンバトで天下とってもいい頃では?


総じて大方の予想通りだったのではないでしょうか。
南海キャンディーズがダークホースで、昔の笑い飯を見てるみたいでした。
正直決勝出場者のレベルが下がってるかなぁとも思ってるのですが、
それじゃあそこに残れなかった品庄やジャリズムが不憫ですね・・・
お笑い番組が氾濫した昨今では、M-1の権威もずいぶん落ちた感がありますが、
これからも客や視聴者に媚びない大会であってほしいものです。(ってもう既にかなり怪しい)
とりあえずチャブがM-1で恥をかくんじゃ?!という心配事がひとつ減って安心しました。
web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック