--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
2013年11月05日 (火) | Edit |
ランカ・リー(虹いろクマクマ)@マクロスF
10/30に劇場版「魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」を観て
翌日興奮のまま書き留めた日記文↓ アップ忘れてた。

---------------------
ネタバレなし感想。

ぽかーーーん、です。
わたしの頭では理解が追い付かず、ちょ待てよ!状態。
ラスト30分くらいは脳みそフル回転で、終了後の疲労感と頭痛がすごい。
こんなにぐったりした映画は初めてです。
TV版の続きなので、TV版ラストの再構築された世界観と、
「魔女」とかまどかの役割については、
ある程度認識してないと本当に意味が分からないと思います。

しかし総じて観てよかった。
映像はきれいだし、キャラはかわいいし、物語もしっかりしてるし、
まどマギが好きなら見て損はないと思う。
ただ、こういう展開が嫌いな人もいるだろうなーって感じ。
でもそういう人は多分そもそもまどマギを好きにならないでしょう。

前半パートの敵の形状とか結界とかの映像が、
かわいいのに見てるだけで気持ち悪くて不安定で不安になる。
あの世界観を作り出すのはほんとにスゲーなと思います。


以下自分のためのメモです。

TV版のまどマギ。

魔法少女は願いを叶えてもらう代わりに魔女と戦う。
魔力の源「ソウルジェム」は魔法少女の本体であり、負の感情を「穢れ」として溜めこむ。
これを浄化できるのが、魔女を倒した際得られるグリーフシード。
ソウルジェムに穢れが溜まりきると、魔法少女は魔女になる。
キュゥべえの目的は、思春期の少女に希望(願いを叶える)を与え、それが絶望(穢れをためる)に変わり魔女になる時のエネルギーを得ること。
まどかはそのエネルギーが膨大なので、キュゥべえは執拗にスカウトしていた。
ほむらは並行世界を繰り返している時間軸移動者。
最強魔女「ワルプルギスの夜」襲来により、まどかが殺されてしまうのを防ぐため、何度も時間を遡ってまどかを救おうとしている。
全てを理解したまどかは、魔法少女の契約を交わし、過去未来全てにおいて魔女を生れる前に消し去ることを願う。
それにより世界が再構築され、概念となったまどかの人としての存在は消滅する。
新しい世界では、魔法少女は「魔獣」を狩り、ソウルジェムが濁りきるとまどかの導きにより新しい宇宙に転生するという理となった。
web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。