FC2ブログ
2005年09月03日 (土) | Edit |
世間一般ではあまり評判がよろしくないとの噂を耳にした上で観賞。
豊島園という場所柄もあるものの、客席はガラガラでした。
(関係ないけど映画館ユナイテッドシネマとしまえんは、新しいから綺麗だし
全席指定でネット予約もできるはずだし、結構広いし、近場の人にはマジおすすめ)
あまり「踊る大捜査線」(以下「踊る」)っぽくないとも聞いていたのですが、どうしてどうして、
わたしとしてはこれこそ「踊る」ですよ!

確かに青島のようにがむしゃらに立ち回る人間も居なければ、
派手な事件が起こるわけでもなく、警察上層部の利権争いとか、
腹の探り合いとか、こじつけの権力による圧力とか、
個人の力で太刀打ちできないお偉いさん方の欲望とか、
いかに正義を貫くことが厳しいのかをを思い知らされる、歯がゆい、悔しい、
そんな精神的重圧を感じる静かで息苦しい映画だったかも知れません。
しかし「踊る」という作品は、青島が現場で頑張る室井が上で頑張る、
っていうのが物語を支える大きな2本の柱だと思うので、
今回の室井の孤独でたくさんの味方に守られた闘いは、「踊る」そのものに感じました。

5月に公開された「交渉人 真下正義」は自分の中でイマイチだったので、
今回のしっかりした脚本は安心して観ていられました。
重い雰囲気の中にも、カエル急便やら真下の時の地下鉄のキーホルダーやら
アミーゴのボケツッコミやら真下の結婚やら小ネタも続々。
和久さんの名前が出てきたところでは泣けました・・・これは反則だよ。・゚・(ノД`)・゚・。 2。
そして何より役者が最高ーーーに良かった!
一世風靡の面々、八嶋さん、筧さん、吹越さん、真矢さん、榎本さん等が脇をがっちり。
そして一瞬しかスクリーンに映し出されない大杉漣さん!!!
あの影の存在感、いかにも公安って感じでね、いいよいいよー。
全体的に登場人物が渋すぎて、むしろ田中麗奈が浮いてました(悪い意味じゃなく)。
みんなの腰が重い分、彼女はやたらと走るところに一生懸命さが良く出てました。
・・・けど、彼女はナレーターには向かないと思います。アレは別の人でよかった。

「踊る」にスカッとした爽快感だけを求める方にはお奨めできません。
でも、わたしにはとても面白かったです。
しかしこの物語、進めば進むほど室井さんの目的地から遠ざかっていくような。
在り得ないお伽噺でもいいから、ハッピーエンドをむかえて欲しいです。
(というか、さすがにこれで終わりなのかな、このシリーズは)
スポンサーサイト



web拍手 by FC2