--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
2014年08月06日 (水) | Edit |
小泉花陽@ラブライブ!School idol project(Wonderful Rush)
けっこう高い脚立に乗っている姿。
小泉花陽→天乃音瞬、高坂穂乃果→茉莉花さん、西木野真姫→木乃ミナミ、絢瀬絵里→マキさん@ラブライブ!School idol project(Wonderful Rush)
どんだけ撮影に必死なのか、というわたしの様子。
撮影:こういちさん

最近レンタルコミックで「神さまの言うとおり」「東京喰種」
「月刊少女野崎君くん」辺りを読みました。
ダークなのとコメディなのと極端だな…。

「神さまの言うとおり」は最終巻出てるので安心したら、
実は第1部完なだけで、全く完結してない。
現在2部が連載中だった、くそう。
何が何だかわからない状態で人間が紙クズのように殺される。
緊迫感があって、意味わからないのにすごく引き込まれた。
これ実写化するそうだけど、大丈夫なのかしら。
あとこの漫画の素晴らしいところは、主人公の名前が「瞬」で
ヒロインの名前が「いちか」なんです!
ヒロイン変態だけど。すみません。(なぜかわたしが謝る)

「東京喰種」は正直たいして続きが読みたくはならなかった。
レンタル期間1週間経っても5巻中2巻までしか読めていなくて、
結局3巻~は延長して7巻まで読んだ。
たぶん7巻がひとつの大きな山で、こっからはちょっと読みたい。
人を食う話でエグいのに、全然ゾクゾクしなかったけど、
7巻のカネキ拷問シーンはかなりクる、ぞわーってする。
そして鬱になる…。
今のところ思い入れのあるキャラがいなくて安心して読める。
好きなキャラができたらツラい。絶対死ぬ。

「月刊少女野崎くん」普通に面白いです。
成立する気配がかけらもありませんが、
男女カップル(?!)が3組も出てくる。
わたしは王子と先輩カップル推しです!!!
ただ、少女マンガに全く興味がないと面白さ半減かも。

最近漫画喫茶に全然行けてないから、
レンタルは金額的にもお手頃ですごい有難い。
電子書籍のレンタルは、仕方ないけど高いんだよね~。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013年05月21日 (火) | Edit |
シェリル・ノーム@マクロスF
実は進撃の巨人コミックスに手を出しております。
正直苦手要素が多くて敬遠してたんですが、
世界観に興味を持ちまして6巻まで購読済み。
絵があまりうまいとは言えず(すみません)、人類に希望が皆無の中、
人間性のあるキャラクターたちが紙屑のように惨殺されていき、
常に尋常じゃない生命の危機に晒され、極度の緊張状態が続きます。
わたしのような、メンタルの弱いくせに登場人物へ感情移入して
物語を読む方にはお薦めできません…読後の恐怖と疲労感が半端ない。
ウシジマくんもそうだったけど、脱力して何もやる気が起きなくなります。
恐ろしい漫画やで。

最新既刊までまだ追いついてないので、wiki等の知識で補いつつ。
やはり気になるのは現在最有力?の世界ループ説で、
もちろん物語の根幹であろう巨人の製造方法や存在理由、
壁の存在、壁の中と外、等々、どう決着をつけるのか知りたくて、
恐いの我慢して読んでます。
そんなわけで現在のところ特に傾倒してるキャラは居ません。
(思い入れを持つと後の悲しみに耐えられないであろうため)

作者がマブラヴオルタネイティヴに影響を受けてるとか、
北欧神話をモチーフにしてるとか、その辺も興味深いので、
できれば目を通してみたいんだけど、
そこまで情熱を維持できるかイマイチ自信がありません。
どこかにわかりやすく説明してくれる人いないかな。(他力本願)
web拍手 by FC2
2013年01月18日 (金) | Edit |
GUMI@ヴェノマニア公の狂気
というわけでマギ15巻まで読み終わりました。
設定も結構しっかりしてるし、適度なギャグと友情感動、
金色のガッシュとかハーメルンのバイオリン弾きを彷彿とさせますなぁ。
読みやすくて面白かったです。続きが楽しみ。

例によって同居者に世界観について質問攻め。
マギは王(国ではなく世を統べるもの?)を選定し、
ジンは王の器と認めた者に力をもたらす者ってことでいいのかしら。
それを妨害、負の感情の世界征服を企むのが「組織」で、
ジュダルは本来マギなんだけど、幼少から組織に育てられたため、
人格崩壊してしまったんでしょうかねぇ。

キャラは割とみんな平等に好きな感じで、突出した子がいないかも。
自分の体型とか衣装の難しさとか一切無視したら、
ジュダルと白龍がコスプレしたいなぁ、好きだなぁ、って感じ。
女の子だと紅玉とやっぱりモルジアナ。
(最初白瑛が好きで紅玉どーでもよかったんだけど、15巻まで読んだら
紅玉>>>>>>>>白瑛に逆転した。紅玉のツンデレかわゆいね)
しかしわたしはシンドバッドにそれほど興味がないので、
コスプレしたいのはモルジアナです。アリババくんが好き。
しかしマギはぼっちだと結構淋しそうだなぁ…
機会があったらぜひ挑戦したいです。
web拍手 by FC2
2012年04月06日 (金) | Edit |
閻魔あい
ここ数日なにか書こうとしては消し書こうとしては消ししてました。
内容がネガティブというか、文句とか愚痴とか嫌味とか攻撃的なものばかりで、
いやこれまでも大部分そうだけど、特にひどいのは携帯日記に吐き出してるけど、
なんか情けないなーと思って結局文章がまとまらず最後まで書けない。
↑こんな前置きする時点でめんどくせー性格だなと思う。

それはそれとして、東野圭吾の新刊を読んだんです。
今日読み始めて1日で一気読みしてしまったんです。
読書は移動や休憩時のお供なので、家にいる間はあまり読み進めないよう
心がけている(読み終わると次を探して買わなきゃいけないし、
サイクル早いと出費がかさむから。ハードカバーなんて高級品は
特に勿体なくてちびちび読むのである)のですが、これは無理。
一刻も早く読み終わりたかった。
甘っちょろくてご都合主義な内容、だと思います。
でもわたしには今すごくハマった、元気出た!!!
こういう心の流れにある程度納得がいく話は大丈夫。
無理やりでもこじつけでも、理解の範疇にあるから、受け入れられる。

小説は好きなものの、かなりの偏食なので、最近はなかなか
これは読んでよかった!とか単純に面白かった!とか得るものがあった!とか
思う機会は少ないのですが、何十冊に1冊かはこういう出会いがあるからやめられない。
わたしはつくり話が好きです。

ナミヤ雑貨店の奇蹟ナミヤ雑貨店の奇蹟
(2012/03/28)
東野 圭吾

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2012年02月07日 (火) | Edit |
ムラサキ@勇者ヨシヒコと魔王の城
現在放映中のドラマ「ストロベリーナイト」原作1冊目。
ひと言感想「警察小説のライトノベルみたい」
キャラクターが立ってて、物語より人物が動くという感じ。
文章は読みやすかったです。
設定も、まぁアリかな、と。
ただ、黒幕の動機というか考え方というか、
単なる厨二病でイマイチ狂気が感じられないのが残念。
ストロベリーナイトという残虐で異常思考の催しを開催するには
ちょっと弱いなぁ…なぜショーにしたかもよくわかんないし。
あと、この作者はレイプを割と軽く考えてないか?と思った。
レイプで傷を負って立ち直ろうとしている主人公・姫川に、
妹がそれはそれはひどい言葉をぶつける。
しかも「ごめん、言い過ぎた」で済ませてるし、その程度のことではないぞ。
こんなのが一児の母でしかも女児とか日本オワタ。
ガンテツの台詞も1箇所不愉快極まりなかったなぁ。

想像よりもあまり「猟奇事件」(サイコパス)って感じじゃなくて、
次の巻を買うか悩み中。

ドラマと違うところ
・玲子はドラマよりも弱い(精神的に)
・菊田と玲子は両想い(お互い何も言わないけど)
・橋爪はそこまで玲子を嫌ってない
・ドラマでは母親が糞だけど小説では妹が糞
・ガンテツの情報収集は暴力ではなく金と話術
・ストロベリーナイトを解決したのはガンテツ
・最終的に玲子はガンテツの方が何枚も上手だと認めている
・玲子はそんなにとげとげしくない
web拍手 by FC2
2011年10月12日 (水) | Edit |
閻魔あい
今日はお休みをいただいていたのですが、用事の日程が変更になり、
つまり何の予定もない平日休みなので、ひゃっほーう!いろいろやるぞー!
と意気込んでいたのに午後はねこと一緒にぐっすり寝てました。
魔のふかふか毛皮…恐ろしい子!!!

最近小説を読んでて思うこと。
以下どうでもいいことをつらつら書いてますが、
これだけはぜひお伝えしたいので最初にも貼る。

山田流秘奥義~仏壇返し
「ましてや数分間で全てを思い出す事は全く不可能だった。翼は思い出す。」
山田流秘奥義~世界を支配するもの
「翼は辺りをキョロキョロさせながら」
山田流秘奥義~ラララライ体操
「ランニング状態で足を止めた」

わたしは時々なんとなく後味の悪い物語を読みたくなって、
本屋で平積みしてたりお薦めポップのついているものを買うのですが、
近年は「後味が悪い」と「胸糞が悪い」が混合されてませんか?
個人的に「後味が悪い」っていうのは、
東野圭吾さんの『殺人の門』や『さまよう刃』とか、
貴志祐介さんの『悪の経典』『青の炎』とか、
我孫子武丸さんの『殺戮に至る病』とか、
宮部みゆきさんなら『魔術はささやく』『クロスファイア』あたりかな、
有名どころだと湊かなえさんの『告白』みたいな感じを指します。
人間の苦悩や葛藤、それを超える悪意、どうにもならない現実、
狂気、殺意、狂った世界、などなど。

本屋さんの推してる『9月が永遠に続けば』『殺人鬼フジコの衝動』を
読んだけど、別に全然後味悪くない、というか、意味がわからない…。
「後味が悪い」っていうのは、そこに至る過程があって、
そうなってしまった原因があって、背景があるから成り立つと
勝手に思っていたら、世間的にはそうでもないらしい。
「後味が悪い」でお薦めされていた乙一の『SEVEN ROOMS』とか、
単に猟奇的で不明点が一切解明されないまま終わるので、
これは後味が悪いのではなくよくわからなくてもやもやするだけでは…
と、かがっかりしてしまいました。
『ルームメイト』なんて「あまりにも後味が悪いので、文庫版は最終章前に
この注意書きを付けました」とか書いてるからすごい期待してたら、
全然まったく普通でした、どんだけハードル低いんじゃ。

近頃流行り?のデスゲーム?小説、一例として山田悠介氏をあげますが、
ざっとしか読んだことないのに大変失礼かもしれませんが、
理由がわからないまま命の危機にさらされ、結局なんでそうなったのかとか、
どういうつもりでこうなったのかとか、解明されないで終わる、
っていうパターン多くない?!
とりあえず衝撃的な設定、衝撃的な殺し合い、衝撃的な世界観で読者を惹きつけ、
そのままストーリーぶん投げおらっしゃ~!そんな傾向に見える。

わたしは根拠とか原因とかきっかけとかそういうところが知りたい。
それがないと感情移入できない。
もちろん人それぞれ楽しみ方があるわけで、わかってるんだけど、
合わない本を選んだ自分が悪いんだけど、くそー。
あと最低限本として出版できる文章を書いてほしい。
『もしドラ』立ち読みで2ページが限界だった。
「~した。~いた。~のだった。」小学生の作文かーい!
リアル鬼ごっこ』は伝説レベルなのでここまで突き抜けてればもういいや。
↑山田流秘奥義を一部抜粋

山田流秘奥義~仏壇返し
「ましてや数分間で全てを思い出す事は全く不可能だった。翼は思い出す。」
山田流秘奥義~世界を支配するもの
「翼は辺りをキョロキョロさせながら」
山田流秘奥義~ラララライ体操
「ランニング状態で足を止めた」

この辺が好き。常人にこれは書けない。
web拍手 by FC2
2011年01月11日 (火) | Edit |
岳羽ゆかり@管理人&桐条美鶴@木乃ミナミ
某有名事件をモチーフにした小説。
個人的にこの事件に最も興味を覚えるのが「洗脳」だったので、
物語に物足りなさを感じてしまいました。
あまりにも短期間に皆が従順すぎだし反目しすぎだし
主犯の男の理屈が稚拙すぎてこれで一家を支配下におけるなんて
どうも納得いかない。
しかもオチがさー、「悪の教典」読んだあとのせいかもしれないけど、
これはないよね、世の不条理さを出したかったのだったら陳腐すぎるし。
主犯の男はそこまでして命が惜しいタイプか?
どちらかというと、最後まで自分の潔白を訴えて、
今際の際に「本当は無実なのに無念だ」とかプライド保つ感じじゃないかなぁ。

実際の事件は5年以上潜伏していたのだったか、とにかくすさまじい。
被害者や従犯の女性の精神状態は想像するだに恐ろしい、というか
想像できないというか想像したくないですすみません。
やはり事実は小説より奇なりなのか、
リアルに書くと読者の心が病むからなのか。
まぁこの程度の小説で気分が落ち込んだわたしが何を言うかだけどね。

殺し合う家族 (徳間文庫)殺し合う家族 (徳間文庫)
(2010/09/03)
新堂 冬樹

商品詳細を見る


2011年1月11日なので11時11分11秒に予約投稿してみたけど
24時間表記なので意味なかった…。
今日目の再検査に行ってものすごく原始的なやり方で
目の中のできもの(?)を削り取られた。
麻酔を点眼して針みたいのでがりがりするの。
まさに目の前で自分の身体が危険にさらされているという。
それなりにお医者様を信頼してるけどさ。
web拍手 by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。